2011年05月25日

チキンのマーマレードオーブン焼き

昨日、

いつもより「料理を作ろう〜!!!」という気持ちになったので、
ちょっとだけこった料理をつくりました〜。

と言っても簡単なんですけどね。

「鶏肉のマーマレードオーブン焼き」を作ってみました。

うちのお母さん、スペアリブを作るのが上手で、
一人暮らしを始めるときに、

そのスペアリブの作り方を聞いたんです。

いつも適当に作っているから、分量は分からないとのことでしたが、
タレに入れているものを教えてもらいました。


●スペアリブの漬けだれ

【材料】

・マーマレード

・オレンジジュース

・しょうゆ

・お酒

・みりん

・にんにく

・たかのつめ

・塩コショウ

コレを何となくの分量で合わせるんです・笑


コレをアレンジして作って見たんです。

アレンジしたところは、
オレンジジュースを入れないで、ごま油をプラスしてみました。

一口大にカットした鶏肉をこのタレに20分ぐらい漬けこみ、
それをオーブンで、皮を上にして、プチトマトと一緒に焼いて見ました。

マーマレードのさわやかな甘味がプラスされていて、おいしかったですよ。

お肉もやわらかかったですしっっ



ところで、はちみつがお肉を軟らかくするって言いますよね。


はちみつがお肉を軟らかくする理由


はちみつの成分の約80%が糖分で、しかもそのほとんどが、
ブドウ糖と果糖です。
この2つは浸透性が高いことが特長です。

肉料理の味付けにはちみつを使うと、お肉が柔らかくジューシーになるのは、
ハチミツが肉の組織に浸透し、肉の収縮を抑える働きをするからです。

また、焼いた時にはちみつの糖分がカラメル化し、
肉の表面を素早く焼き固める作用があるので、肉汁を逃がさずにジューシーに仕上がるのです。


また、はちみつは、どの花から集めたはちみつかによって独特の風味と味わいが変わってきます。

照り焼きチキン → クセが少ないアカシアのはちみつ

酢豚 → コクのあるソバのはちみつ


といったように使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

もちろん、お砂糖でもお肉を軟らかくすることが出来ます。

逆にみりんはお肉を硬くさせてしまうようです。


はちみつの他にお肉をやわらかくする方法


●重曹

重曹でお肉を少し揉むことによって
お肉のたんぱく質を溶解させ、水分を吸いやすくしますし、
またアルカリ作用で繊維を柔らかくします。


●パイナップル、キウイフルーツ、パパイヤ、いちぢくなどのフルーツ

これらの果物に含まれるたんぱく質分解酵素の働きによって、お肉を軟らかくします。
一緒に漬けこんだり、煮込んだりすることでやわらかくなります。


●コーラ、ビール

ビールやコーラに含まれる炭酸にお肉をやわらかくする効果があります。
煮込み料理に使うのがオススメです。


●酢

酸が肉を柔らかくしてくれるので、さっぱりした煮物を食べたい時にはオススメです。








★生前贈与のメリットをご紹介します。
URL→http://www.isan-soudan.net/contents/seizenzoyo/

★骨格矯正をご希望の方はこちらへ。
URL→http://www.ishida-chiro.com/

★おうちに眠っているプラチナはありませんか?高価買取いたします。
URL→http://www.gpkaitori.jp/

★多摩エリアで物件検索するならリビングハウジングのサイト。
URL→http://www.living-h.co.jp/

★子育て環境バツグンの都内の新築マンション
URL→http://www.q-tsukishima.com/
【関連する記事】
posted by なつなつな at 13:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。